きみすみ田中真琴の衝撃はドラマだけではなかった!無表情MVを見よ


現在放送中のテレビドラマ「きみが心に棲みついた」に出演し、人気が急上昇している女優でモデルの田中真琴さん。

ミス佛教大学グランプリ獲得や感覚ピエロ、BiSH、entといったアーティストのMVに登場したり、Jリーグ・ジュビロ磐田の熱心なサポーターと多様な面を持っています。

舞台や映像作品に出演して活躍の場を広げ、怖いほどの眼力で演技をする、田中真琴さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

田中真琴(たなかまこと)さんは、1995年1月30日生まれの24歳です。

京都府出身のAB型。

在学中からモデル活動。2014年度のミス佛教大学でグランプリに選ばれれ、それがきっかけで感覚ピエロなどのMVに出演することに。

目力で存在感が増していく

ドラマの劇中では、編集者役を務める田中真琴(為末れいか役)は、桐谷健太が演じる先輩編集者(吉崎幸次郎役)に好意を抱きます。

しかし、恋する乙女の顔を持ちつつ、桐谷と急接近する吉岡里帆(小川今日子役)に嫉妬心を抱く別の顔を覗かせる。

ドラマの序盤こそ登場回数は少なかった田中真琴さんですが、回を追うごとに存在感が増してきています。

注目度も上がってきて、「あの目力の強さがたまらない」や「田中真琴を見るために、ドラマを観るようになった」、「田中真琴さんの登場シーンがテンション上がる」といった声があがっています。

衝撃の連続キスシーンに嫉妬してしまう

そんな、インパクトのある役で注目の田中真琴さんですが、ドラマ以前にも強烈なMVに登場して一気に注目をあびました。

感覚ピエロの楽曲「拝啓、いつかの君へ」(ドラマ「ゆとりですがなにか」主題歌)のMVに出演。当時大学生だった田中真琴さんが出演したMVは、女の子同士のキスシーンで衝撃を与え、話題になっていました。

それは2015年に公開され、真っ黒なワンピースの田中真琴さんが、白いワンピースを着た金髪の少女の手を引き浜辺を駆ける場面から始まります。

次のシーンでは、立ち止まった2人が繰り返し熱いキスをするというシーンになります。
その後も、少女が田中真琴さんの首を絞めたり、2人の自殺を連想してしまうような展開なり、非常にショッキングな内容になっています。

ちなみに、MVの中での田中真琴さんは、ずっと無表情ですが、曲の世界観と田中真琴さんの雰囲気が、ピッタリと合っています。

MVを観た人からのコメントは「この子は誰なんだ!?」、「黒いワンピースの子が気になる」などのコメントが集まっていました。

まとめ

とてもクールな感じの田中真琴さんですが、インスタグラムもこまめに更新していて、撮影現場での写真や笑顔の写真も見ることができ、着実にファンも増えていっています。

ドラマをきっかけに知名度がアップし、雑誌のグラビアや舞台などにも活躍の場を広げています。これからの活躍が楽しみです。