枝豆は栄養豊富!女性の美容や健康に欠かせないイソフラボン以外にも

枝豆といえばおつまみの定番ですが、おなじみのイソフラボンや食物繊維を含み、とても栄養豊富で女性の美容や健康にも効果的な食材です。

最近では、その栄養や効能からとても注目されている枝豆。

簡単な調理で気軽に食べることができ、しかもカラダに嬉しい栄養や効能が盛りだくさんの食べ物なのです。

旬は夏ですが、冷凍食品などで一年中気軽に口にすることができるので、大人から子どもまで誰もが大人気です。

スポンサーリンク

枝豆は豆類で野菜類に分類されます

大豆の未成熟な豆のことで、収穫時期が違うだけでそのまま成長すると大豆になります。大豆が未熟な緑色の状態で収穫したものが枝豆です。

大豆と枝豆は色合いは、全然違う別な植物という印象ですが、実は同じ植物なのです。

枝豆は大豆になるので、豆と野菜の両方の栄養的な効能を持っている、とても優秀な食べ物といえます。栽培しやすい植物なので、自家栽培で育てる人も多いです。

ダイエットにも欠かせない6つの代表的栄養成分

1.イソフラボン

抗酸化作用で有名なイソフラボンは、豆類に多く含まれます。熱に強いといわれ少々の加熱では、それほどの影響はないといわれています。

2.食物繊維

女性にはうれしい栄養成分です。便秘の解消に効果を発揮します。

3.ビタミンB1

皮膚や粘膜の健康維持を助けます。美肌を助ける成分になりますね。また脳神経系の働きにも関係しています。

4.メチオニン

脂肪燃焼効果の期待ができる栄養素として、注目されている成分で、枝豆に含まれる必須アミノ酸です。

5.カリウム

利尿を促す成分で、体内の余分な水分や塩分を排出する作用があります。

6.葉酸

ビタミンBと協力し、血液をつくります。貧血を予防する作用があるといわれています。

その他にも、タンパク質やミネラル分などのさまざまな成分が含まれています。

注意しないと塩分のとり過ぎになる

上記の美容の他にも、スタミナ不足を補い疲労回復といった効果が期待でき、必須アミノ酸がビタミンB1やビタミンCとともにアルコールの分解を助けて、二日酔いに効果的ともいわれています。

しかし、気をつけたいのは塩分です。「枝豆には、たっぷりの塩」をかける人も多いでしょうが、逆に塩分のとり過ぎによる病気の原因になる可能性もあります。

まとめ

枝豆はビールのつまみとしか思っていませんでしたが、豆と野菜の栄養素を兼ね備えた緑黄色野菜だというのがわかりました。

栄養豊富な食材ですが、食べ過ぎには注意ですね。