目標に向かって型にはまった行動

型にはまるという言葉を聞いて、違和感を感じる人は多いと思います。

この記事での型にはまるとは、うまくいく行動を指します。

あなたも意識をしていないだけで、日常生活は無意識のうちに、型にはまった行動をしているのです。

スポンサーリンク

日常生活は型にはまっている

日常生活での型とは、日々行っている決まった行動が、すなわち「うまくいく仕組み」です。

目標や目的があり、それを達成するためにはある程度決まったやり方があるならば、それを型といいます。

型にはまるというよりは、どのような型を選んで行動しているのかが大事になります。

無意識の習慣

問題は型にはまるか、はまらないかではないのです。

その型が、自分にフィットする良い習慣を行えるかどうかなのです。

毎朝、ハミガキをする行動や着替えるなどもひとつの型といってもいいでしょう。

他人に振り回されないためにも

例えば、仕事でその日の目標や行動予定をたてて、その通りに行動するのも、型になります

その通りに行動すれば、ムダのない合理的な行動ができることになります。

では、こうした型を持たないとどうなるかというと、自身の目標や目的を定められず、他人やまわりの状況に振り回されることになります。

その日は疲れ切り、ムダな日になったなと思ってしまうでしょう。

目標や目的のためには、型を選ぶ

つまり、自分の型を持たないと、気づかないうちに他人がつくった型にはまることになるのです。言葉への先入観を取り払うことによって、自分の目標や目的にあった型を選ぶことができるのです。