面倒くさい事にならないために

こんにちは。シンヤです。

わたしは面倒くさい事がいやなので仕事もプライベートも、なるべく目標を設定するようにしていました。

何もなしに行動してしまうと、あとから面倒な事になってしまうからです。

今回は海外旅行を例えにして紹介します。

スポンサーリンク

やる事は簡単

目標と聞くと、苦手だなとか到底超えられないような高いハードル設定してしまいがちですが、それほどむずかしく考える必要はありません。

今回は海外旅行に行くことになったとたとえますので、単純に「行きたい場所」を「なりたい自分」に置き換えてみましょう。

事前に、行き先〈目標〉を決めて、飛行機のチケットやホテルの予約を済ませておく。ガイドブックやインターネットで現地の情報を仕入れて、観光地やおいしいレストランも調べて、挨拶などの必要最低限の現地語をマスターする。

たったこれだけのことをするだけで、海外旅行は快適になります。

目標のない行動を、大事な仕事や人生に置き換えれば良いだけなのです。

目標を決めないで行動してしまうと

なぜなら目標を持たずに行動することは、目的地も決めずに最寄りの空港や駅に行ってしまうようなものなのです。

当然、飛行機のチケットはありませんし目的地も決めていないので、ホテルの予約もしていません。もちろん現地の情報も把握していません。

空港や駅についてから突然「シンガポールに行こう」と思いついたとしても、時期や季節にもよると思いますが、間違いなくキャンセル待ちになる可能性が高くなります。

下手をするとその日のうちに出発すらできないかもしれません。これだけを考えても、非常に面倒な状況になってしまいます。

楽しいことすら楽しめなくなる

では、運良く航空券のキャンセルが出て無事に出発することができ、シンガポールに到着したとしても、まだまだ安心はできません。むしろこれからが面倒なことになります。

安心して快適に宿泊できるホテルはどこにあるのだろうか、そもそも言葉は通じるか、ホテルの予約はとれるのだろうか。ホテルに辿り着くまでの交通機関はなにを使えば良いのだろうか。

治安はどうなのか、観光スポットや名物料理に関する情報もないので、どこに出かけてどこを観光すれば良いのかもわかりません。

そうなるともはや身の危険を心配するほどの状況になってきています。それでも、とりあえず観光に出かけて、行き当たりばったりでレストランを探してみても、ただただ疲れるばかり。

楽しいはずの観光旅行は逆にストレスがたまり、なんのために旅行をしているのかすらわからなくなります。

行動は目標によって決まる

つまり、目標がないとあとになってから面倒な事が起こってしまうからなのです。

普段の仕事でも、目標さえ決めてしまえばやる事は決まってきます。目標に対してどんな準備が必要で、適切な自己投資をするなどが出来るはずです。

海外旅行の手順と合わせながら考えてみてはいかがでしょう。