潜在意識に支配されている行動

いつもダラダラとネットサーフィンをしてしまう習慣や、早く寝ようと思っていても夜更かししてしまう習慣など、あなたにもありませんか?これが、不要な習慣です。

頭ではわかっているのにやめられない、体重が気になっているのに、スナック菓子を食べてしまう。なぜでしょう?

それは、「潜在意識に、日々の行動のほとんどを支配されている」からなのです。

スポンサーリンク

潜在意識の基本は安心安全

潜在意識は常に現状を維持したい、現状を変えようとすることは、何らかの危険が起こると判断し、潜在意識は抵抗します。

そして、安心安全欲求が脅かされていると判断すると、変化を起こさないように、潜在意識がブレーキを使い抵抗を始めるのです。

人がなかなか変わることができない根本的な原因は、実はここにあるようです。

このように、潜在意識は非常に保守的です。習慣化を成功させるために肝心なことは、潜在意識の安全安心欲求をしっかり満たしながら進めることです。

潜在意識のパワーは強力

潜在意識の不要な習慣が、知らず知らずにあなたに働きかけて、知らず知らずにあなたは行動してしまっているのです。

潜在意識のパワーは強力です。ですからどんなに頑張ったとしても、このオートマチックで強力なチカラにあなたの意志のチカラは抵抗し切れず、ネットサーフィンやスナック菓子に手を付けてしまうのです。

行動は、自分の思考や意識でしていると思っています。そして、自分のやっていることは自身で選択し、決断していると信じ込んでいます。

しかしその行動のほとんどは、潜在意識の中にあるプログラムによってオートマチックに動かされているだけなのです。

潜在意識とはプログラム

では、潜在意識の中にあるプログラムとは、一体何でしょうか?

人前で話すのが苦手というプログラムを持っているひとは、プレゼンテーションなどの場では緊張してしまいます。一方、このプログラムを持っていなひとは、緊張することなくプレゼンテーションをすることができます。

不必要な習慣を繰り返すのは、そのプログラムを潜在意識に持っているからなのです。

意志のチカラを使う要素を少なく

つまり習慣化とは、意志のチカラを使う要素を少なくし、日々の良い習慣を無意識のうちに行うことです。

ここに意志の力と労力を使うことがないので、他のことを取り入れる余裕ができます。これも習慣化の大きなメリットです。