習慣化することによる3つの効果

あなたは、自分の能力はこれから努力しても伸びないと思い込み、「これが自分の限界だ」「これ以上努力してもムダだ」など、口にしたりしていませんか?

それは、潜在意識の抵抗です。自分の限界を勝手に決めつけているのです。これからお話する3つの効果を意識して、良い習慣化に取り組めば能力はまだまだ伸びるのです。

スポンサーリンク

1. パフォーマンスを上げる

まずは普段の通勤時に、エスカレーターやエレベーターを使うことが多いと思いますが、可能な限り階段を昇り降りする習慣に取り組んでみましょう。

この習慣により、日頃の運動不足の解消につながり体力アップや、体脂肪率の減少という成果が出てきます。

また、人間関係を大切にする習慣により、困ったときや問題が起きた時に助け合い、仕事の効率が上がり成果が出るでしょう。

2. コンディションを整える

コンディションが整っていなければ、どれだけチカラを持っていても、高いパフォーマンスは発揮できません。トップアスリートが、持っている能力を100%発揮するためにはコンディショニングを重視すると言われています。

コンディションとは、体調管理のことです。体調管理とはバランスの取れた食事をすることはもちろん、十分な休息も大事になります。

そのほかにも、心のコンディションを整えることも大切です。例えばヨガなどは自律神経のバランスを整えると言われています。

〈睡眠でコンディションを整える方法〉

3. 脳のチカラを上げる

それは、新しいことに挑戦することです。例えば、スキルアップのために資格取得の勉強を始めると、勉強をするという良い習慣が身につきます。

勉強という習慣と同時に、新たなことを受け入れるために脳が柔軟に働きます。脳が関連する事柄に反応して、脳のチカラの向上が推進されるのです。

まとめ

以上、3つの中のたった1つでも習慣化していくと、連鎖的にそれぞれが習慣化していきます。体脂肪が減った成果が出てくると、体調も良くなっていき、食生活にも気を配ることになるでしょう。そして自然と規則正しい生活習慣になり、心まで健康になります。

心まで健康になると、余裕が生まれて人間関係も今まで以上に良くなり、仕事などの成果も上がります。そして、更なるスキルアップを求めて探究心も生まれます。

これは、自分の能力に限界を感じている方にとって、実践してみる価値はあるのではないでしょうか?

良い習慣を身につけると、高い成果を安定して出し続けることになります。習慣は才能を超えるのです。