良い習慣を始めて、悪い習慣を変える

スポンサーリンク

たったひとつの習慣を始めれば変わる

こんな思いありませんか?
・自分のことが認められず、自己否定ばかりしいる
・自身のやっていることに限界を感じてしまい、才能や能力の限界だと感じてしまう
・日頃の頑張り通りに成果が出ず、現状をなんとかしたい
・将来への不安や焦燥感 などなど
誰もがこんなことを思っているはずです。

上手に気持ちを切り替えて乗り越えられる方は良いですが、なかなか抜け出せずに悩んでいる方も多いと思います。

しかし現状の厳しい状況から抜け出すきっかけが、たったひとつの習慣を始めることで変わります。そして、それを続けていくことによって次々と良い連鎖につながっていくでしょう。

乱れた生活を見直す

私は特に趣味などもなく、単身と言うこともあってひたすらに仕事優先の日々をおくっていました。
ところがある日突然に、腰椎椎間板ヘルニアになってしまいました。しかも2年足らずの間に3回です。1回目、2回目は手術をして何とか職場に復帰しましたが、さすがに3回目になると体よく会社から追い出されました。

現在も自宅療養中ですが、会社を辞めざるおえなかった悔しさとヘルニアの発症のショックで何も考えられない状況になっていました。
先のことを考えると不安や焦燥感、無力感などマイナスばかりが日増しに大きくなってきました。

生活のリズムも大きく乱れていき、10時くらいに起床して寝るのは夜中の3時をすぎるような毎日でした。同時に体調も悪く思わしくなく、スッキリしない毎日が続きました。

そんな生活は長くは続かず、さすがに自分でも「まずいな」と気づきました。そして、ずいぶん昔に聞いた、ある行動を実践してみようと思い立ちました。

自分を変える習慣を身につけるために

聞いたことのある行動というのは、なんでも良いから生活習慣の1つを変えてみようということでした。

まず今の自分に出来ることはと考えると、生活のリズムが完全に乱れていることが問題だと考えたので、眠る時間に関係なく早起きをしようと決めたのです。

会社員時代は何も考えずに朝起きて、仕事に行き次の日のために早く寝るのが当たり前の生活でしたが、乱れた生活に慣れてしまうと早起きすらなかなか大変な目標でした。

しかし、これまでと違ってきたのは一日を長く感じるようになり、多少なりとも心の余裕が生まれたように感じました。ひとつの習慣が定着してくると次の目標が生まれてくるようになりました。

新たな目標が出来た

このようにして今まで全く考えもしなかった、理想のライフスタイルを求めるブログを書いてみようと思い立ちました。

何かスイッチになる習慣を見つけて習慣化するだけでも、新たな目標が出来て人生が少しだけプラスに動いていくと思います。