5ステップで、本当の目的をイメージして明確化させる

せっかく目標を設定したにもかかわらず、最初からあまりにも高いハードル設定してしまうと、続かなくなってしまいます。

まずは、目的を明確にして1つの習慣を続けることが大切になります。

三日坊主にならないためにも、試してみる価値はあるでしょう。

スポンサーリンク

目的達成のためには、続けられることを目標にする

日頃、運動などしていなかったのに、「運動をする効果を考えたら、毎朝10キロぐらい走らなければいけないだろう」などと高い設定をしてしまっても、それは長続きせずに、習慣化には至りません。

「毎朝500メートルのジョギングをする」だけでもいい

日々の目標を上げすぎずに、継続することに重点を置くことで、「本当にやりたいこと」に到達するための最短ルートです。

まず、継続できることを3週間続けてみます。やりながら、ハードルの高さを微調整をしましょう。

いろいろと調整しながらやってみてください

何日か試してみて、「1キロくらいはいける」と感じたら、途中で変更すればいいだけです。

3週間くらい続けてみると、日々の習慣としての感覚が出てきます。それが3ヶ月続けば、かなり軌道にのってくるのです。

最初は、やるべき習慣を決めること

最初に、必要になる習慣を1つだけ決めましょう。1つだけでいいです。

せっかくだからと、あれもこれもやりたくなる気持ちが出てくると思いますが、まずは1つだけに集中するることが大事です。

なぜなら、習慣化の初期段階で、最も重要なこととは?でもお話しているように、習慣化の初期段階は、意識して取り組む必要があります。

今は、習慣化することに意識が向いています。なので、その意識や行動の優先順位は、上位に来ているはずです。

しかし、明日になって仕事やプライベートなどの色々なことが意識の中に入ってくると、優先順位が変わってしまいます。

そして、1週間がたち1ヶ月後になると、さらに変動が起きていきます。その中で、いくつものことを習慣化していくのは非常に難しいとことだと思います。

まずは1つの習慣を日常の中で優先順位上位に残し続け、無意識のうちに「やっている」段階まで持っていく。

ここまでくると、その後はほとんど意識のチカラを使わずに継続できます。

本当の目的を確認するためのステップ

5ステップで、あなたの頭の中を明確にするステップです。

これには、「実現に近づくために書きだす」という潜在意識へ働きかける効果もあるので、イメージを高めながらやってみましょう。

ステップ1

今後取り組みたいとおもっている習慣を1つあげてください。

ステップ2

何のためステップ1を習慣化したいのですか?

ダイエットをしたいとか、英会話が上達するようになど、そもそもの目的があると思います。

そして、それが習慣化されたときに、どれだけ良いことが起こっているのか、できるだけクリアにイメージしてみてください。

ステップ3

さらにステップ2の目的が達成できたら、何をしたいですか?

これによって、やりたいことや達成したいことが、さらに見えてきたと思います。

ステップ4では、見えてきたものを、もっと具体的にイメージしてください。

ステップ4

さらに、ステップ3が達成できたら、何をしたいですか?

そして、ステップ3でイメージしたものを基に、また自分に聞いてみます。

見えてきたものを具体的に、クリアにイメージしてください。

ステップ5

ステップ4が達成できたら、さらに何をしたいですか?

やりたいことのレベルが上がってきた感じではないでしょうか?

このように、何度もイメージを繰り返すことにより、直近レベルで達成したいことから、その先までの目的レベルが上がっていってると思います。

1回、2回繰り返して、本当の目的が実感できていたら、それでも構いません。

イメージができれば潜在意識は目的に向かっている

つまり、初期段階として「本当にしたいこと」のイメージに到達することが、とても大切になります。これさえできれば、あなたの潜在意識は、すでに習慣化に向かっています。

このステップで、「本当にしたいこと」が明確にならなくても、何かしらのヒントは出て来ます。最初に選ぶ設定を変えながら何回もやるうちに、明確になってくるので、このステップを何度もやってみてください。自分自身を見つめ直す良い機会にもなります。