とりあえず自分ルールのメモをとり、アイデアをつなげよう

スポンサーリンク

メモに共通の「コツも決まり」もない

わたしは、パソコンやスマートフォンが手元にあっても、なにかアイデアなりやるべきことを思いつくたび、とりあえず手書きのメモを取っています。

たびたび「メモ術」という本などを目にして、ずいぶん買って読みましたが、実際に実行すると手書きのメモが一番役に立ちます。

メモはとっさのアイデアだけでなく、何かしらの構想や計画など、とりあえず紙とペンを手元に用意しておき、書きながら考えるようにするのです。

アイデアであれば書き出すのは考えがまとまったところではなく、思いついた言葉をどんどん紙に書き出していくのです。自分だけのメモなので、ほかの誰かに見せるわけでもなく提出する必要もないので、自分のルールで書いておけばいいだけ。

なぜそんなことをしているのか?

無駄な作業のように思えますが、実践している理由はひとつしかありません。それは、全て記憶することができないからです。

記憶力に頼っていては、ほとんどのことは忘れてしまいます。そして忘れないように意識してしまうと、他のことができなくなってしまいます。それなら単純にメモをとっておけばいいのです。

よく聞くのは「忘れてしまうようなアイデアには価値がなく、それは忘れていいアイデアだ」という話を聞いたことがありますが、それは湯水のようにアイデアが湧きだすような才能ある人たちの話で、わたしのような普通の人間にはあてはまりません。

いかに小さなアイデアを、忘れないようにしておくかが重要なのです。出先などで紙もペンもないときは、スマホのメモ機能や自分宛てにメールを送ったりしています。

見返すことにより客観的になる

書いていてわかったことが、自分のアイデアのメリットとデメリットが客観的になりました。

頭の中だけで考えていると、メリットばかりが目立ってきますが、メモにとってみると、思わぬデメリットに気がついたり、そのデメリットを解決するためのアイデアも出てきます。

ほかにも、メモの使いみちとしては、断片的で関連性のないと思われていたアイデアを組み合わせて使うこともできます。頭の中だけでは、なかなかできないことですね。

まとめ

というわけで、必要なことはメモをあとで見返すことが大切になります。そして、そこに簡単なコメントを入れたり、重要な個所がわかるようにすることで、その情報は「自分のもの」になっていきます。

いかがでしたか?こうして書き出すことによって頭の中が整理され、アイデアを深く考えることができるのです。

今回わたしがお伝えしたいことは〈体裁も決まりもいっさい取り払って、とにかく自分ルールでメモをとりまくる〉ことのメリットです。