さあブログを書こうと思ったが

タイトル通りいざブログを書こうとパソコンの前に座り、

キーボードに手をおいたまでは良いが、

何度も入力しては取り消しの繰り返しになりました。

この先思いやられますが、ブログを始めようと決めてからの気持ちの変化を書きます。

スポンサーリンク

痛みが怖いのです

私は現在、病気療養中で外出することもほとんどありません。

なぜならヘルニアの痛みが出てくるのが怖いからです。

ちなみに今回のヘルニアは再々発の3回目です。

外出と言ってもせいぜい2ヶ月に1度ほど友人と食事に出かけるか、

週に1~2回ほど往復で10分くらいのコンビニの往復くらいです。

コンビニに行っても必要なものを買ったらすぐに立ち去ります。

雑誌コーナーで立ち読みをしたり、新商品をチェックしたりなどは全くありませんでした。

外食と言ってもそれほど歩かなくて良い距離のお店を選んでいます。

ただただ何も出来ずに不安な日々を漠然と過ごす、完全に中年の引きこもり状態です。

目線が変わった

しかしブログを立ち上げると決めてからは、

少しおおげさかもしれませんが、今まで全く気に留めることもなかった近所の様子や景色、

ボサーっと眺めていただけのテレビからも、

何かブログとして書き出せる話題がないかと意識が変わり、

ちょっとした事でも話題にできないかと考えるようになりました。

とにかく続ける

実際に書き出してみると、言いたいことの10分の1も書けないものだと感じましたが、

この先10記事、30記事、50記事、100記事と続けて行きたいと思います。

読者に何かを伝えるまでには程遠いライティングですが、

何事も持続が大事と思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。